経営方針

経営理念

社業の繁栄を通じて社会の進歩、発展に貢献する
技術の開発、向上に努力し信頼される企業に成長する
志は高く常に困難を克服する強靭さを身につける
人間尊重の精神で人材の育成に力を注ぎ明日を担う企業を創る

経営基本方針

当社グループはグローバル市場において顧客満足を第一とし、『地に足のついた経営』を進め持続した成長を目指すことを基本とし、そのために以下を方針といたしております。

  1. すべての事業活動において「安全の確保、法令の遵守、環境保全」を最優先する。
  2. 顧客のニーズに応え、新技術、新工法の開発と品質向上にたゆまぬ努力を傾注する。
  3. 選択と集中を進め、自社の強みを活かした分野に経営資源を集中する。

中期経営計画

当社グループは中期経営計画として、2017年3月期を初年度とする5ヶ年の計画を新たに策定し、最終年度の2021年3月期に売上高280億円、営業利益17億円、営業利益率6%、ROE(株主資本利益率)15%を目標としており、その目標を達成するために「企業間連携を活用し電子回路デバイス分野において独自技術を武器に成長分野を攻める」を基本戦略とし、次の3つの個別戦略を掲げております。

1. 成長戦略

企業間連携の活用や独自技術の開発と品質追求により顧客の潜在的なニーズの掘り起こしを進め、新たに成長が見込まれる地域・製品・ユーザーの開拓等により継続的な成長を目指します。また、第3の事業の確立のため既存事業の上流・下流等の関連分野への進出や産学連携等による新規事業の創出・育成を目指します。

2. IT・人財・管理戦略

ITをグローバルに活用することで業務プロセスの標準化と効率化を進めると共に、グローバルCSR体制の構築と次世代グローバル人材の育成を進め、経営管理体制の強化を目指します。

3. 財務戦略

成長戦略やIT・人財・管理戦略を支え、成長の実現と資金効率のバランスを考慮した投資計画を推進し、企業価値の向上と継続的な株主還元の充実を目指します。

対処すべき課題について

  1. 両面・多層板事業のグローバル展開の実現
  2. 将来を見据えたマーケティングに基づく戦略的営業
  3. 新商品・新工法の具現化
  4. 自動化・IT化による効率化、省人化の加速
  5. 顧客要求を超えるQCDの実現
  6. グループ全社におけるCSRの運用徹底
  7. 後継者の育成

を重点課題といたしまして対処していく所存であります。

お問い合わせ

CONTACT

製品・サービスに関するご依頼、お見積り、その他ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

製品・サービスに関する
お問い合わせ

その他の
お問い合わせ